おゆるゆる紀行

どこかにゆるゆると漂って存在するのが目標。

はるです。

はじめまして!はるです。

 

好きなことは

 

芸術 読書 旅行

 

です。

 

芸術

音楽ならクラシック。

美術は、古典から現代アートまで。

アートな活動にこころ躍らせています。

 

読書

「なぜ~なのか?」と考えがち。分野を問わず、好奇心を満たしてくれる本が好き。最近は、哲学・政治の本を読んでいます。最近の小説はあまり読まないので、おすすめがあれば教えてください。

 

旅行

旅行に行くと大抵その国が好きになって帰ってきます。

そして、もっとその国のことが知りたい!と思い・・・

 

フランス語を勉強しようだとか

チェコ語だとか

台湾華語だとか

イタリア語なんじゃないかとか

 

抱えきれなくなりながら日本に住んでいます。

英語はたぶん中学1年生夏レベルです。

 

 

 

このブログは雑記ブログにカテゴライズされそうです。

 

旅行記

海外旅行は年に2回くらい行けたらいいなと思っているので、帰国後になるべくまとめて更新します。

 

雑記

読んだ本のことや日々の出来事でこれは!と思ったことがあれば書いていきます。

 

 

よろしくお願いします。

 

【成功の哲学】GIVE&TAKE「与える人」こそ成功する時代を読んでみた。

学生さんの希望で職場の図書館に入ってきた

 

GIVE&TAKE「与える人」こそ成功する時代

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

 

 

図書館に受け入れ後、その学生さんがすぐに取りにきました。

なんでもインフルエンサーさんが紹介していて気になったとか。

 

私も、目次をみてすごく気になってしまって、その日に行きつけの本屋さんで購入しようとしたら、置いてなかった・・・ら、夫が買ってきてくれました。

 

無事、読了。

 

読んでみたら目からうろこで面白かったです。

知り合いの社長さんがどうしてイマイチ成功できないのわかった気が。

 

GIVE&TAKEではなく、GIVE&GIVENが大きな成功へのカギらしいです。

 

確かに、一時的に損して見えるけれど、長い目で尊敬を勝ち取っているひとが私の周りにもたくさんいます。

 

私も見習わないとですね。

 

みなさんのおすすめ本も、ぜひ教えてくださいね。

 

本の内容をまとめたものはこちら。

hanashouyou.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泣いても笑っても卒業旅行

みなさん卒業旅行は行きましたか?

 

私は大学卒業の時に。

メンバーが全員女子だったのですが、楽な分、遠慮もなくて3日を過ぎるとくたくたになりました。親しき仲にも礼儀あり、ゆるゆるの文化部だった私はこの時学びました。

 

卒業旅行に行くか迷っている学生さん。

泣いても笑っても、振り返るととてもいい勉強になりますよ!

心配な子はこちらへ。

hanashouyou.com

 

 

【おすすめ台湾本】先輩からもらった一冊

f:id:cqianxun:20190410183333j:plain


 

台湾旅行記はこちらからスタート!

 

cqianxun.hatenablog.com

旅先で自分らしく過ごすためには事前の情報収集が必須ですね。

 

こちらは台湾に足しげく通う職場の先輩にいただいたお気に入りの一冊がこちら。

 

 

台湾のおいしいおみやげ

文章量は多めなのですが、色々妄想しながら、ゆっくりまったり味わうガイドブック。特に上質なおみやげを探している方におすすめです。この本を書いている台湾大好き編集部の『台湾行ったらこれ食べよう!』も併せてよみたいところ。

 

台湾行ったらこれ食べよう!: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

台湾行ったらこれ食べよう!: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 誠文堂新光社
  • 発売日: 2015/02/12
  • メディア: 単行本
 

 

次は台湾旅行では、台北から飛び出してみようかと計画中。

おすすめのガイドブックがあったらぜひ教えてください。

 

こちらでたくさん紹介しています。

hanashouyou.com

 

 

旅のテクニックはこちら!

hanashouyou.com

 

ざっくりわたしのスペインまとめ スペインから帰ってきました!

今回のスペイン旅行は2週間の滞在。

バルセロナカルカソンヌ(フランス)→グラナダマドリード

 

以下、ざっくりとした今回の旅のまとめ

 

・スペイン人はからっとしていて気持ちがよくて親切

バルセロナ治安悪化中

・常に狙われていると思ってよし

グラナダでほっこり

・意外にもマドリードは治安よし

マドリードは超軟水で水道水が飲める

・地下鉄もバルセロナより明るめ

・パエリアがあまり好きではないことが判明

・調子に乗って靴を買いすぎる

・よく見たらイギリス製

・ファンタはどこのお店にも必ずある

・生ハムはやっぱりイタリアでしょ!→スペインもよい!

・牛派を納得させるイベリコ豚のおいしさ

・みんな太陽が好き

・日曜日はお店開いていないかと思いきや意外と営業中 マドリード

・でもシエスタは閉まっている率高し

・お菓子がおいしい

 

 

ざっくりですがこんな感じです。

 

正直期待値があまり高くなかったスペイン。

だからこそ他の国に比べてニュートラルな気持ちで楽しめました。

またゆるゆるとまとめていきたいと思います。

 

みなさんはどんな夏を過ごしましたか?

ロマンチックな城塞カルカッソンヌ・・・日本のホテルには必ずあるはずのあれがない

 

答えはエアコンです。

 

 

すっかり見落として、エアコンのないホテルを予約してしまいました。

一応、扇風機があるようですが、口コミを確認したところ、音がうるさい・風が弱すぎる・そもそも部屋に扇風機なんてついていなかったなどなど・・・大丈夫かな。

 

心配になってフランス人に聞いてみたら、フランス家庭のエアコン普及率は高くないそう。むしろ低い!

 

・石づくりの家

・湿度が低い

 

が理由だそう。真夏でも天戸を締め切っていると家の中はひんやりしているのだとか。心配しなくていいんじゃない?と言っていたけれど、連日のフランスの熱波の報道にびびりすぎている私です。

 

1泊だけなので、今回は挑戦してみるつもりですが、地方のホテルを予約する際はみなさんお気をつけください。

 

 

どうなったかはスペインから帰国したらこの記事に追記しますので、お楽しみに!

 

台湾旅行後日談 Mが日本にやってきた

 

丁寧なおもてなしを受けたいなら日本で充分

気分転換にゆっくりしたいならハワイもいいかも

 

でも居心地のいい場所から抜け出して、少しだけ違う世界を見てみたいなら・・・「」をおすすめします。

 

もちろん、わたしの旅はおゆるゆるスタイルなので、もちろんおいしい食べ物や買い物も楽しみます。それでも、旅の真の目的は「好奇心」「発見

 

・・・「成長」ともいいたいところですが、それはすぐでなくてもいいかな。

 

そんなことを思って旅行を計画している私ですが、それでも台湾旅行でこんなに素敵な出会いがあるなんて!私が思う今の台湾は、気軽に行けて、流行の台湾グルメやかわいい小物、お金で買える幸せがたくさんあるところという認識でした。

 

 

Mとの出会いは予定外の出来事だったのです。

(現地でいつ結婚式にお呼ばれしてもいいように、Tian mimiは歌えるように練習しましたが。)

 

 Mとの出会い

cqianxun.hatenablog.com

 

 

台湾でMと過ごした時間はそう長くはありません。全部で6時間もないくらい。でも、一緒にいるとなぜか居心地がよくて、楽しくて、とても優しいM。彼女が「台湾、韓国のあとは、あなたがいる日本に行こうかな」と言ってくれた時はとってもうれしかったのですが、社交上手なフランス人、「話半分」にしておこうという気持ちでした。それは彼女も同じだったはず。

 

そんなMが日本にやってきました。

 

Mからのメッセージ

こんにちは。元気?今どこにいると思う?

実はちょうど今京都についたところ。もし時間があれば、もう一度会わない?

 

もちろん!

数か月こっそり待っていた私としてはうれしい限り。

 

私の仕事の都合でその時すぐは難しかったので、京都ではなく奈良で会うことに。

がんばって奈良を案内することも考えたのですが、言葉が不安で憂鬱になってしまい、それなら!と、奈良を案内するというよりは、自分が行きたいところに「一緒にどう?」という台湾スタイルを採用することにしました。

 

一緒に行ったのは、長谷寺・おふさ観音・春日大社などなど。奈良紀行は後日まとめるとして、一番の驚きはまた同じドミトリーを取っていたところ(笑)!これに関しては、ほんとうにびっくりでした。しかも隣のベッド(笑)!もうこれは運命としか言いようがない。チェックインのためにドミトリーに行って、数分間ふたりで笑い転げました。

 

「こんなこと本当にあるんだね!」と。

 

外にも食べに行きましたが、ドミトリーが同じだったこともあり、夕食やティータイムは共同キッチンでとりました。

 

したいことがないと言っていたMが見つけた夢の話

達成したい100個の小さな目標。

お互いの家族や私の夫の話。

文化や習慣、働き方、政治、日本とフランスの違いや共通点。

 

 

台湾にいた時以上のボリュームで語りあいました。

エキサイトしすぎて、1日目の夜はまったく眠れないという事態に。

たくさんの発見といい影響をうけました。

ここでそれについて書いておきたいと思います。

 

 

Mと出会ってよかったこと

 

・大人になっても友達ができる

今回の奈良で会ったときに彼女が私と同じ30代であることがわかりました。どちらかというと、学生時代からの友人とコツコツ付き合ってきたタイプの私。友人の数もあまり多くはないし。この年齢で新しい友達ができるって、驚きとともにとても貴重なうれしい出来事でした。いくつになってもいい出会いがあって、素敵な友達ができること、皆さんに伝えられたらと思います。たとえこれが一度きりでも悔いはない(笑)!

 

・過ごした時間の長さより相性と情熱

「相性」って大事ですよね。もしくは「タイミング」。友情はコツコツタイプの私にとっては、わかっていてもこれは新鮮な発見でした。意気投合って本当にあるのだなと。何回かの海外旅行を経て、電車とか飛行機で隣のひとについ話しかけてしまう癖がついてしまった私にこれは朗報。素敵なひとと思ったら、これからもどんどん話かけていこうと思います。

 

・違いを楽しめる関係は最高

Mと話していてよく出てきたフレーズ「私の国と、あなたの国、こんなに違うんだね。面白いね!」違う文化を持った友達ができる喜び、まさにこれにつきます。価値観も習慣もぐにゃぐにゃにされる感じ。思考のマッサージを受けている感じ。苦手なひとには辛いかもしれませんが、私にとっては最高でした。あまりの違いに大笑いしたりして!

 

・自分になっていくという考え方

これは上に書いたことの発展形。

多感な時期に流行した『世界に一つだけの花』。理由もなく苦手で、学校行事などで歌う機会があるたび、耳にするたび、あの「オンリーワン」をうすら寒く感じていた私。もちろん、一人ひとりが「もともと特別なオンリーワン」には間違いないのだけれども…「ナンバーワン」にさえなれない人が「オンリーワン」になれるの?…慰めの歌としか思えなかった。

フランス人であるMの話を聞いて、「オンリーワン」ってやっぱりそんなにお手軽ではないよと改めて思いました。Mによるとフランスでは、どれだけ自分が他人と違うか、個性的であるかが大切にされるとのこと。そんな国から来たMでさえも、「自分らしくいる」というのは簡単ではないと言っていました。自分らしくいるには「語り」(自慢も含め自己主張)が必要。自己主張するには根拠が必要で、たくさんの「批判」ももれなくついてくる。そして、「自分らしく」を目指すということは、同時に他者のそれも尊重しなくてはならない。ずいぶん大変な生き方!まさに、「私の常識、他人の非常識」の世界。

「人との違いを楽しむ」「自分らしくいる」には強さと知性、他者への尊敬が必要ということを再確認しました。不寛容とレッテルを貼られた日本で、これはぜひ身につけたい能力。

 

 

以上がざっくり、Mと話していて学んだこと・発見です。まだ言語化できていない部分もたくさんあります。それはまた別の機会に。

 

 

Now, we’re really friends!

 

奈良の駅で別れるときにMが言った言葉。

あの時台湾に行かなければ、あのドミトリーを選ばなければ、MがMであって、私が私でなければ出会わなかった。

 

こんなおまけもついてくると思えば旅に出ない理由はありません。

 

 

cqianxun.hatenablog.com

 

スペイン旅行2019 書いておきたいあれこれ

ごきげんよう

目下スペイン旅行計画中のはるです。

一応普通に仕事をしているので、個人旅行の計画は骨が折れます。でも、骨組みだけでもきちんと計画しておくと現地でとってもスムーズなので(体調不良などの応用も利く)、頑張ります!

 

~済ませたこと~

航空券の予約

ホテルの予約

アルハンブラ宮殿の予約

 

~これからすること~

スペイン国内の航空券・長距離鉄道の予約

プラド美術館の予約 ←必要なさそう?検討中

一日ごとの予定表作成

行きたい場所ピックアップ(美術館・宗教施設・お店など)

 

 

今後ブログでは

 

余裕顔でサイトを見て真っ青・・・アルハンブラ宮殿のチケット争奪戦

早め早めにとは聞いていたけれど、本当に危ないところでした。公式サイトでの予約方法から、チケット完売時の裏技など。

 

 

cqianxun.hatenablog.com

バルセロナに滞在するので、少し足を延ばしてフランスのカルカソンヌまで行ってみることにしました。ホテルを予約する際に日本ではたぶん起こらないハプニングが…!

 

について書いていきたいと思っています。これは情報があった方が絶対にいいと思ったので。以前お知らせしたトルコ旅行記は少なくとも予約関係すべて終わってからになりそうです。

 

 

今計画しているスペイン旅行の参考文献

A20 地球の歩き方 スペイン 2019~2020

A20 地球の歩き方 スペイン 2019~2020

 

 美術館・宮殿めぐりが好きな私にはやっぱりこれ。どんな美術館に行こうか、この教会行ってみたいかも…私にとって旅の辞典のような存在。ホテルを予約する時も、地下鉄の路線図などをじっくり確認しながら、自分だけプランを創造するための骨組みに。

 

 

ことりっぷ 海外版 スペイン (旅行ガイド)

ことりっぷ 海外版 スペイン (旅行ガイド)

 

さらに計画が進んだらこちら。地球の歩き方で知ったマニアックな場所、網羅的に載っている分、残念スポットということも。ことりっぷで軌道修正しています。下で紹介している『地球の歩き方aruko』よりもすっきりして読みやすい。

 

21 地球の歩き方 aruco スペイン 2019~2020 (地球の歩き方aruco)

21 地球の歩き方 aruco スペイン 2019~2020 (地球の歩き方aruco)

 

「arucoには、あなたのプチぼうけんをサポートするミニ情報をいっぱいちりばめてあります」とのこと。個人旅行の計画は忙しく、ちりばめられ過ぎた情報を目で追いきれない部分もある…ある程度プランが決まった人におすすめ。写真が多いので見ていて楽しく、旅行のテンションを上げるのにも。

 

まだまだどこに行くのかさえ決まっていない人へ

るるぶスペイン'20 (るるぶ情報版海外)

るるぶスペイン'20 (るるぶ情報版海外)

 

何か国かざっと見るにはこちら。個人旅行の計画にはもう少し情報が必要ですが、団体旅行を検討している人にはおすすめ。 

 

 

 台湾旅行の時は

cqianxun.hatenablog.com

 

 

cqianxun.hatenablog.com

 

cqianxun.hatenablog.com